試合結果

ツインビーの試合結果をご覧いただけます。

2022/04/23  15:00〜17:00  淀川河川敷太子橋地区1番グランド   練習試合

  • ツインビー
  • 4
  • -
  • 5
  • 大阪ドリームズ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ツインビー 0 1 0 0 2 1 0 0 0 4
大阪ドリームズ 0 0 0 0 5 0 0 0 0 5

敗戦投手:JOE 1勝3敗0S

~打のツインビー~

前戦の猛打爆発の余韻よろしく軟投派の相手投手に苦戦すると見せかけ、初回はOGUがコンパクトなスイングで豪快な打球を飛ばしチャンスメイクも、翌日の京セラ観戦予定のKANEKOが佐々木朗希の連続パーフェクト記録が気になったのかあえなく凡退でゼロ発進。続く2回は事前に筆者に「変化球狙います」と有言実行のNOBUがライトオーバー。足がもつれてヘロヘロのスリーベースで気勢をあげる。続くSHIMAYANへのワイルドピッチで1点先制。 3回はせっかく左中間にクリーンヒットを放ったのに、「オーバーランが小さい」やら、 「大阪桐蔭やったらツーベースやわ」とか。「ハナから二塁行く気ないやん」とか散々な言われ様のUMEちゃんが先頭出塁。続くNAGAOは往年の西武・辻発彦を彷彿とさせるバットを短く持って右打ちのそぶりで内角球をコマのような回転打法で三塁線を抜く連続ヒット。無死1,2塁のビッグチャンス。(この時もUMEちゃんが三塁行けたとか、そもそも行く気無いやんとかヤジ

~5回表まではよかってんけど・・・・~

SEIYAの渋い右打ち&三進後に判断よくパスボールで本塁突入、その後 好調OGUが打ちたい所をきっちり選んで押し出し四球で4-0。なんとなく勝利の女神が顔を覗かせはじめる。3回3安打5三振と試合を作ったKANEKOの後を受けたJOHが4回を難なく片づけた、翌5回。先頭の出塁を許すも、次打者三振で落ち着きを取り戻した、5回3人目の打者の平凡なレフトフライを慌てたSHIMAYANが北京オリンピックのGG佐藤と見紛うようなお手玉落球。すかさず今日スリーベースを放って気を良くしているサードNOBUが「切り替えて元気出しましょう!」という別に落ち込んでもいないツインビーにはありがちなミスの傷口に塩を塗る。冷静なキャッチャーNAGAOがタイムを取り内野守備陣を集めるが、一旦相手に渡った流れは変わらなかった。GG落球はセンターKANEKOにも波及。この回一気に5失点で勝負あり。最終回に1点を返して荒れ模様の試合の溜飲を下げたが、ハーレム行きの列車に乗りかけて夢が覚めたような一戦だった。

文責:#99 SHIMAYAN

打順 選手 守備 打席 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 得点 盗塁 四球 死球 三振 犠打 犠飛
1 JOE DH 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2 OKI 3 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
3 OGU 3 2 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0
4 KANEKO 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
5 NOB 3 2 1 0 1 0 0 2 1 1 0 0 0 0
6 SHIMAYAN 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
7 GIALIS 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0
8 SEIYA 3 3 1 0 0 0 1 1 1 0 0 0 0 0
9 UME 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10 NAGAO DH 2 1 1 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0
11 ROCK 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
選手 投球回 被安打 奪三振 与四球 与死球 失点 自責点 責任
KANEKO 3 3 5 0 0 0 0
JOE 2 3 3 1 3 5 2

~JOHにあっぱれ!~

自身は3タコ、味方の2エラーで逆転され、投げても3与死球で壊れかけた自身と試合の流れを謙虚な姿勢で最後は三振締め。自暴自棄になってもおかしくない所だったが(数年前だったら周りが引くくらい顔を紅潮させていた)欧州駐在を経て男前に拍車のかかったJOHがしっかり試合を締めてくれた。改めてキミに敬意を表したい!