試合結果

ツインビーの試合結果をご覧いただけます。

2022/02/12  15:00〜17:00  松島野球場   練習試合

  • ツインビー
  • 1
  • -
  • 2
  • エジプタス
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ツインビー 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
エジプタス 0 1 0 0 1 0 0 0 0 2

敗戦投手:ROCK 0勝1敗0S

ツキと運が勝敗を分けた接戦。

4年ぶり6度目の対戦となるエジプタス。過去の戦績は3勝2敗で1つ勝ち越しているもののレベルは拮抗している。この4年でお互いメンバーが入れ替わったりしてどのように進化(または退化)したかが窺えるのも久しぶりの対戦の楽しいところ。 初回、1番OKIがやや変則モーションのサウスポー投手をものともせずライト線への2ベースヒットで出塁すると、ウエスト周りが88センチに膨れ上がったにもかかわらず、かつてのスピードを活かして3盗。内野ゴロの間に生還し1点先制。
先発は、昨年12月に膝靭帯を負傷し1月を棒に振ったNAKASHIMAがマウンドに上がった。2安打されるもキャッチャーNAGAOの巧みなリードに応える投球で無失点に抑える。
2回、先頭のNOBがセンター前ヒットで出塁するが、ゲッツーをくらい結果3人であっさり攻撃を終える。するとその裏、3安打1四球で同点に追いつかれ尚も2アウト満塁で一打逆転とピンチは続く。しかし、ショートのNAGANOの流れるようなフィールディング&スローイングで次打者を間一髪アウトにとり難を逃れた。
3・4回の攻撃は、チャンスの糸口すらつかめず勝ち越し点をあげることができない。守備では3回からマウンドに上がったOGUが快投を見せる。先頭打者にこそ粘られてフォアボールを与えてしまったが、球は走っているし制球もまとまっている。結果2イニングを4奪三振、無失点で完璧なリリーフを果たした。長引いていた肩痛がとれたようで、かつてのOGU無双が今シーズン再び見られそうだ。
緊迫の展開で迎えた5回の攻撃、先頭のOGUがエラーで出塁すると、疲れからか相手投手が乱れ連続四球でノーアウト満塁となり絶好の逆転チャンス到来。バッターは1打席目にゲッツーを演出してしまったKANEKO。長打も期待できるバッターなので、ここは一気に攻め立てたいところ。痛烈なライナーがセカンドベース上を切り裂き「やったーっ!」とメンバー一同から喜びの声が漏れたが、ベース寄りに守っていたセカンドが腕を伸ばし打球を好補し、そのままベースを踏んでセカンドランナーのUMEがホースアウトでゲッツー。さらにサード送球でまさかのトリプルプレーと思われたがランナーOGUが俊敏に帰塁しセーフ。普通なら抜けている当たりだったのにツキがなかったとしか言いようがない。それでも2アウト1・3塁でまだチャンスはあったが、あえなく三振で無得点に終わる。相手から貰ったチャンスをものにできなかったは本当に痛い。
その裏から3番手としてROCKが登板。ヒットと四球で2アウト1・3塁のピンチを迎えると、バッターの打球はセンターへの小フライ。これがタイムリーとなり1点勝ち越される。センターを守るUEDAは俊敏で守備範囲が広く、普段であれば追いついていたに違いない。だが、運の悪いことにこの日のこの時間は西日とビル影の境のせいで打球の出だしが分かりづらい。そのため反応が遅れてしまいギリギリ打球に追いつけなかった。2アウトなのでランナーも当然スタートを切っていて、バックホーム送球しても間に合わない。
1失点でしのぎ迎えた最終6回の攻撃。2つの四球とヒットで2アウトながら満塁となる。一打同点、当たりが良ければ逆転の可能性もある。バッターはGIALIS。ここで打てばヒーロー間違いなしの場面だったがピッチャーゴロに打ち取られゲームセット。攻守においてツキと運に見放され接戦を落とした。

文責:#28 NAKASHIMA

打順 選手 守備 打席 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 得点 盗塁 四球 死球 三振 犠打 犠飛
1 OKI 3 2 2 1 0 0 0 1 1 1 0 0 0 0
2 NAKASHIMA 3 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0
3 GIALIS 3 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
4 OGU DH 2 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0
5 UME DH 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
6 NOB 2 1 1 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0
7 KANEKO 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
8 ROCK 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
9 NAGAO 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0
10 SHIMAYAN 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
11 NAGANO 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
12 UEDA DH 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
選手 投球回 被安打 奪三振 与四球 与死球 失点 自責点 責任
NAKASHIMA 2 5 1 0 1 1 1
OGU 2 0 4 1 0 0 0
ROCK 2 2 0 3 0 1 1

無念の退団。

シュアなバッティングと広い外野守備、飄々としたピッチングでチームの勝利に貢献し、グランド外でもチームメイトと夜な夜な活躍してくれたUEDAが転勤のため退団することとなった。非常に残念なことではあるが、この転勤を機に彼女と結婚するということで非常にめでたくもある。転勤自体は5月だが、色々と忙しく野球に参加できるのはあと2回ぐらい。5年間の在籍の集大成として残り試合を大いに楽しんでもらいたい。