試合結果

ツインビーの試合結果をご覧いただけます。

2022/07/30  09:00〜11:00  歌島運動場1番グランド   練習試合

  • ツインビー
  • 1
  • -
  • 8
  • KMBCクロックス
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ツインビー 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
KMBCクロックス 0 0 3 4 0 1 0 0 0 8

敗戦投手:Okazaki 0勝3敗1S

今回は歌島グラウンドへ遠征。KMBCクロックスさんとの練習試合。8月から連戦が続くリーグ戦への景気づけといきたいところ。投はOKAZAKI⇒ROCK⇒NAGAOの継投がどう機能するか、また、打線好調のツインビーが序盤から試合の主導権を握るか、請うご期待!といったところか。

先行のツインビーは初回、上位打線が早速機能。KARTHIKとSHIMAYANの連続ヒットで1死満塁のチャンス。ところが、まさかのオジサン達の鋭い打球に慌ててギアを上げた若手技巧派の男前投手の速球に後続があっけなく倒れゼロ発進。その後は敵失に乗じて3回に1点を先制した以外は取り立てて見せ場はなく、得点機は訪れなかった。5回に例の西武の辻監督の現役時代のようなおっつけセンター前ヒットのNAGAOとUMEの落合っぽい左中間への連打があったくらいか。 あとは、やっとHIKARIちゃんがおニューの変形バットで外野に打球を飛ばすも、解禁ショットには至らず。その上、最終回はVIJAYがインドのマハラジャの娘との結婚の為、一時帰国する為、一般ピーポーとしては最後の参加だったにもかかわらず、快音を響かせることはできず。その上、相手投手に8三振を喫してしまうだけあって、ツインビー打線、まさに見せ場の無い一日だった。

そんな中、一筋の光明と言えば、3回3失点でなんとかしのいだ先発OKAZAKIがチェンジアップ主体のイメチェン投球で、打たせて取るピッチングを披露。これまでのような突如として乱れる脆さを見せず、まさにゲームメイクを意識したピッチング。最後はNAGAOが例によって元ソフトバンクの摂津みたいなキャッチャー投げで2回を2安打1四球1失点にまとめ、もしかしたらあるかもしれないトーナメント決勝まで勝ち上がった場合の1ポイントリリーフに対する適正を存分に披露した!

皆さん!工夫してネタを増やしましょう。セーフティーバントとか、ディレードスチールとか、外野がシフト敷くとか、ゴロGO等など、夏の甲子園見てたら色々あります!あんまり言うと朝日新聞のまわし者と勘違いされるのでこの辺りで。

文責:#99 SHIMAYAN

打順 選手 守備 打席 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 得点 盗塁 四球 死球 三振 犠打 犠飛
1 NOB 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0
2 OKI 3 2 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0
3 KARTHIK 3 3 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0
4 SHIMAYAN 3 2 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
5 NAGAO 3 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0
6 UME 3 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0
7 HIKARI 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0
8 VIJAY 3 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 0 0
9 Okazaki 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0
10 ROCK DH 3 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0
選手 投球回 被安打 奪三振 与四球 与死球 失点 自責点 責任
Okazaki 3 5 2 1 0 3 3
ROCK 1 2 0 4 1 4 4
NAGAO 2 2 0 2 0 1 1