試合結果

ツインビーの試合結果をご覧いただけます。

2022/07/23  09:00〜11:00  松島野球場   スカイカップ

  • ツインビー
  • 3
  • -
  • 0
  • ハイパーズ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ツインビー 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3
ハイパーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝利投手:KANEKO 3勝0敗0S

のぼり調子で、いざ公式戦。

SKYCUP予選リーグ3戦目の相手は宿敵ハイパーズ。これまで5戦し4敗1分けと非常に分が悪い。しかしツインビーは今シーズン初の連勝中で調子はうなぎのぼり(土用の丑だけに)。昨年は初めて引き分けに持ち込め手ごたえがあったし、直近の試合では仮想ハイパーズとして対戦したメタルゴッズに完封勝利しているので、メンバーの士気もこれまたうなぎのぼり(土用の丑だけに)。

ザ・野球 〜息詰まる投手戦〜

1回表、とりあえず先制し押せ押せムードで試合を運びたいツインビーだがあっさり三者凡退に終わる。先発のKANEKOも負けずに強力打線をきっちり3人で切ってとる。初回は互いに三者凡退。これが息詰まる投手戦の幕開けとなる。 攻撃面では2回にSHIMAYAN、3回にUMEがそれぞれツーベースヒット、そして4回にはJOHがスリーベースヒットを放ち長打で先制のチャンスを再三作るも得点できず。守備においては長打どころか単打も許さなかったが、エラーや四球を起点に足を絡められ得点圏にたびたびランナーを許し、1点は止む無しという場面もあったが好投・攻守で乗り切った。 そんなこんなで気付けば6回を終わってスコアボードには0が12個並んでいる。福本豊の名言「たこ焼きみたいやね。」が脳裏をかすめた。

クライマックスは最終回に。

最終7回の攻撃を迎えた時点で残り時間は20分。願わくばじっくり攻めて得点し、そのまま守ることなく時間切れというのがベストだが、それはちょっと難しい。現実的な理想を言うと1点でもいいから得点したい。無得点で終わると、良くても引き分け止まりで勝利は無い。 先頭打者の出塁が重要となる場面。NOBがしぶとくセンター前へのポテンヒットで攻撃の口火を切ると、Okazakiが三遊間を破り1・2塁に。次打者のJOHは前の打席の長打で投手が警戒し過ぎたのかフォアボール。これでノーアウト満塁。最終回に最大級のチャンスが巡ってきた。バッターは代打のNAGAO。1・2塁間を破るタイムリーで待望の1点をもぎ取った。1アウトとなり、OGUのライトへの犠牲フライで2点目。尚も2アウト1・3塁とチャンスは続く。ここは1点でも多く点が欲しいし、相手の攻撃時間を短くするためにももう一踏ん張りしたいところ。すると1塁走者のNAGAOがギャンブルスタートを切り1・2塁間に挟まれる。それを見た3塁走者のJOHがホームを狙うと、当然ボールはキャッチャーへ。三本間に挟まれる形となるが、送球エラーでJOHが生還。この1点は精神的に非常な大きかった。

文責:#28 NAKASHIMA

打順 選手 守備 打席 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 得点 盗塁 四球 死球 三振 犠打 犠飛
1 NAGANO 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2 NOB 3 3 1 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0
3 Okazaki 3 3 1 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0
4 JOE 3 2 1 0 1 0 0 1 1 1 0 1 0 0
5 SHIMAYAN DH 1 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
6 ROCK 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
7 OGU DH 3 3 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0
8 OKI 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
9 KARTHIK 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10 UME 2 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
11 KANEKO 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
12 NAGAO 1 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0
13 NAKASHIMA 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
14 HIKARI 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0
15 VIJAY 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
選手 投球回 被安打 奪三振 与四球 与死球 失点 自責点 責任
KANEKO 7 2 7 3 0 0 0

お待たせしました。お待たせし過ぎたかもしれません。

3点リードで迎えた最終回の守備。1アウトからこの試合初めての長打を浴びるも、あとの2人をピシャリと抑えゲームセット。待ちに待った対ハイパーズ戦初の白星。これまでの道のりは長く、ハイパーズとはSKYCUPで年に1回対戦するだけなので、実に5年越しの悲願達成となった。

立役者と功労者。

この試合の立役者は、強力打線相手にほぼ外野に打球を飛ばされることなく2安打完封勝利を飾ったKANEKOで間違いないが、その好投を巧みにリードしたキャッチャーのNOBの働きも素晴らしく、影の立役者と言えるだろう。 そして何より、メンバー全員の心情を考慮しつつ過不足なく起用し、勝利をつかむ采配をしたNAGAOは功労者である。7回ノーアウト満塁のチャンスでの「代打オレ」で、先制タイムリーはシビレた。今回だけに限らず彼の采配は冴えに冴え、これでリーグ戦は3戦3勝。もはや名将と言っても過言では無い。