試合結果

ツインビーの試合結果をご覧いただけます。

2022/07/09  07:00〜09:00  磯路中央運動場   練習試合

  • ツインビー
  • 6
  • -
  • 0
  • メタルゴッズ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ツインビー 1 2 0 0 3 0 0 0 0 6
メタルゴッズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝利投手:JOE 2勝3敗0S

セーブ:OGU 0勝1敗1S

公式戦前のスパーリング。

メタルゴッズとは過去に3戦しており戦績は1勝2敗で、今回は実に7年ぶりの対戦となる。近年では、2週間後に控えたSKYCUP予選リーグの対戦相手であるハイパーズと接戦を繰り広げ勝ったり負けたりしているようで、仮想ハイハーズ戦としてうってつけの練習試合。おまけに開始時刻も同じ9時からなので、夕方活動が主体のツインビーにとっては絶好のスパーリングである。果たして公式戦へ向けて勢いと良いイメージをつけることはできるのか?

暑いぜ!熱いぜ!

天気予報では曇りだったがしっかり晴れて、朝9時だというのに日差しが強くおまけに湿度もかなり高い。暑く過酷なコンディションながらツインビー打線がそれ以上にヒートアップした。 1回表、先頭のNOBが左中間を破る2ベースヒットで攻撃の口火を切ると、タイムリーこそ出なかったものの内野ゴロの間にきっちり1点を先制する。 2回も先頭のNAGANOがヒットで出塁すると盗塁を決め追加点のチャンスメイク。進塁打で1アウト3塁となり、続くUMEが三遊間を破るタイムリーを放ち1点を追加する。続くKANEKOもヒットで出塁しさらなる追加点のチャンスを迎えると、野手エラーで満塁となりHIKARIが粘ってフォアボールをもぎ取り押し出し。この回、計2点を追加した。 3・4回も先頭打者が出離するいい攻撃の流れだったが追加点とはならず。 5回、3点リードでは心もとないので駄目押し点が欲しいところ。1アウトからKANEKOが目の覚めるようなセンター前ヒットで出塁すると連続フォアボールで満塁に。内野ゴロの間に1点を追加。その後、バッテリーエラーとSHIMAYANのタイムリー2ベースでさらに2点を追加し点差が6に広がり安全圏に。 先制、中押し、駄目押しと理想的な得点で、終始ゲームの主導権を渡さなかった。

ぬるっと完封リレー。

1・2回をJOH、3・4回をNAKASHIMA、そして5回をOGUへと継投し、完投リレーで勝利を収めた。完封リレーと言うと聞こえはいいが、相手打線を危なげなく抑え込んだわけではなく、内容的にはイマイチだった。無失点で抑えたのは事実だが、ヒヤヒヤな場面が多々あった。3投手ともヒットや四死球で毎イニング得点圏にランナーを背負い、いつ失点を許してもおかしくない展開だった。 バッテリーエラーの間に3塁走者にホームに突っ込まれたが、スムーズな処理でタッチアウトにするなど結果オーライのラッキープレーがいくつかあって辛くも無失点で切り抜けた。 運も味方につけた「ビシッと」ではなく「ぬるっと」した完封リレーではあったが、失点が非常に多い今シーズンにおいて初の完封勝利と初の連勝はチームに勢いを与えるに違いない。はず・・・。

文責:#28 NAKASHIMA

打順 選手 守備 打席 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 得点 盗塁 四球 死球 三振 犠打 犠飛
1 NOB DH 3 2 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0
2 OKI 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
3 NAGAO 3 3 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0
4 KARTHIK 3 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
5 NAGANO DH 3 3 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0
6 NAKASHIMA DH 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
7 UME 2 2 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0
8 KANEKO 2 2 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0
9 OGU 2 1 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0
10 HIKARI 2 0 0 0 0 0 1 1 0 2 0 0 0 0
11 JOE 2 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0
12 ROCK 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
13 SHIMAYAN DH 2 2 2 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0
選手 投球回 被安打 奪三振 与四球 与死球 失点 自責点 責任
JOE 2 1 2 3 1 0 0
NAKASHIMA 2 2 3 1 0 0 0 H
OGU 1 1 2 0 2 0 0 S